カテゴリ:てくてく歩き( 32 )

自然のパレット

c0200508_0474615.jpg

c0200508_048639.jpg

日曜日に久しぶりに山登りに行きました。
紅葉に合わせてか、高尾山はすごい人。
ちょっと歩き足らなかったけれど、久しぶりに良い汗をかき、
こんなに素敵な自然の作り出す色に出会うことができました^^
[PR]
by pikopikotamago414 | 2013-11-22 00:48 | てくてく歩き

ガンガラーの谷

c0200508_22553010.jpg

かの有名な「おきなわワールド」の向かいにその入口があります。
入口にはカフェ(時間無くてコーヒーは飲めなかったけど)。

ガンガラーの谷は、太古の昔、鍾乳洞だった所が時ともに崩れ、
森となった所です。
ここから少し離れた所から見つかった1万8千年前の人類「港川人」の
生活の場だったのではないか…と遺跡の発掘も行われ続けています。

c0200508_234176.jpg

一歩踏み入れると別の世界のような感じです。
川沿いに歩き、女性(イナグ)と男性(イキガ)の洞窟を見て、
自然の作り出す神秘に驚きながら、
「森の賢者、大主(ウフシュ)ガジュマル」へ。

c0200508_236032.jpg

c0200508_237141.jpg

森の賢者にふさわしい佇まい。
この木はまだまだ根を伸ばす先を広げているよう。
こんなに大きなガジュマルは初めてで圧倒されます。


こんなザックリした説明しかできないので、サイトを紹介しますね(→
興味を持たれた方は、沖縄に行かれたら是非行ってみて下さい。
その際は事前予約と歩きやすい格好を忘れずに。
[PR]
by pikopikotamago414 | 2013-06-28 23:12 | てくてく歩き

初夏の金時山

c0200508_0245488.jpg

富士山世界遺産騒動から遡ること数日前、
金時山にて日本一の山の奇跡の形状を眺望しました。
コースは乙女峠〜金時山。

c0200508_0253249.jpg

天気に恵まれ、富士山だけでなく、芦ノ湖や周囲の山も見渡せました。
富士山は頂上より乙女峠からの方がガスってなくて綺麗でしたが。

c0200508_026183.jpg

春の花も満喫。

山ブームはすごく、割とロープを使うアスレチック的な所もあるのに
老若男女ワンコと賑わっていました。

↓オマケ。
金時茶屋のカレーうどん^^
c0200508_0262466.jpg

[PR]
by pikopikotamago414 | 2013-05-17 00:27 | てくてく歩き

奥高尾ハイク♪その2

c0200508_2344022.jpg

景信山の標識。ここからも下りられるけどまだ下りません。
ここまで来たら後少し。

景信山の茶屋はキノコの天ぷらが名物なようです。
ホントは食べたかったけど、早く目的地に着きたかったので、
今回は断念。(時間は予定より早かったんですけど)
私の目標はこの先に。

c0200508_23442627.jpg

さらにてくてく。
似たような景色のようで、でも全く飽きないのが不思議です。
樹のパワーってすごい!

そして、目的の陣馬山に到着!

c0200508_23433061.jpg

私が見たかったのは、この白いお馬さん!!
なんてキレイ。

c0200508_23451538.jpg

目的達成。富士山は見えなかったけど。
さて…
寒い!!(また)
汗が冷えてだいぶ寒くなってきたのです。
歩いている時は平気だったのですが…なにせ寒さには弱いもので。
防寒をし、でも寒いからみそ汁を飲み、下山しました。
c0200508_23511771.jpg


実は下山路の方が、木の根の間を縫って歩くので、登るより辛かったのですが…
行きはよいよい、というやつです。
[PR]
by pikopikotamago414 | 2012-11-05 23:52 | てくてく歩き

奥高尾ハイク♪その1

c0200508_23283430.jpg


昨日は前日が遅くて寝不足ながら、
勢いで高尾山〜陣馬山まで低山ハイキングに行ってきました。
コースはこちら→

久しぶりの山!
私はプチ山ガール(サイズ的にも・笑)なので、
こういう森的な低い山が好きです。
と言っても、小さな峠越えを繰り返してトータル6時間くらい。
いい運動ではあります。

c0200508_23301290.jpg

ミシュラン☆を獲得した高尾山は、有り得ないくらいの人混みです(↑こんな感じ)
今回の目的のひとつが富士山登山の時に無惨にぶち切れた
高尾山薬王院の御守りを返して買い直すことだったので、
1号路から人混みに紛れて行き、
何故か匂いに釣られて団子を食べてしまい、
出足からこれはいかん!と気を取り直して
頂上(芋洗い・失礼)からサッサと奥高尾へ抜けました。

ススキとアザミの咲く緑の中をずんずん歩いて一丁平、城山、小仏峠とてくてく。
天気は割と良かったですが、雲が多くて富士山は見られませんでしたね。
残念。

c0200508_23371556.jpg

紅葉はというと、まだまだでしたが、城山下の茶屋は綺麗でした。

歩きやすいのでどんどん足が前に出ます。
雨の後じゃなくて良かったです〜
アップダウンも少しなのでスムーズです。

c0200508_23441748.jpg

それでもひとつ山を越えると達成感はあります。
あの光のさす方から来ました。

c0200508_23542265.jpg

眼下に中央自動車道(と前を歩くおじさんが言ってました)

影信山まで後少し。

次回へ続きます。
[PR]
by pikopikotamago414 | 2012-11-04 23:56 | てくてく歩き

樹の里の実り

c0200508_23571620.jpg

ちょっと低山ハイクに行っていました。

久しぶりだったので、6時間歩いて
結構疲れてしまいました。
眠くてたまらない。

とりあえず、見つけたものだけで。
またあらためてアップします。
[PR]
by pikopikotamago414 | 2012-11-03 23:57 | てくてく歩き

長崎港を望む~名観光地

c0200508_0301362.jpg

続いてやってきたのは、来たかったグラバー園。
ここは夜遅くまで開いているので夜景も綺麗です。
実に前の晩の悪天候が偲ばれる。。(シツコイ)
とは言え、小高い丘にあるので昼間も長崎港が一望できます。
私の腕は大層ショボイので残念な写真しかないのですが、
イメージだけでも伝われば。

c0200508_0425969.jpg

目的は洋館とこの景色でしたので、まずまず満足。
部屋の家具も当時使われていたもので、アンティークな世界たっぷりでした。


c0200508_0515985.jpg

そこから丘を下って大浦天主堂へ。
マリア様がとっても美しい。

c0200508_0565844.jpg

ところで長崎の教会と言えば、ステンドグラス!!
でも当然と言えば当然ですが、神聖な場所につき堂内は撮影禁止。
仕方ないので、外から隠し撮りで我慢します(悪)
ああ、本当はもっと綺麗なのに!外からじゃ全然だめだ。

それにしても、近代のものってなんて細工が美しいのでしょう。
日本っぽさも混じっているので、全てが洋風な雰囲気でもなく
レトロななんだか可愛いものになっている気がします。


c0200508_174844.jpg

↑かの有名な眼鏡橋(のび太くんを思い出しました・笑)


これにて、ダラダラ続きそうになるので長崎台風旅を一度終えます~
もっと書きたいので、オマケで、見つけたかわいいものがちょこっと続きます。
もう少しお付き合い下さいね。
[PR]
by pikopikotamago414 | 2012-09-23 01:11 | てくてく歩き

出島

c0200508_23343737.jpg

二日目は台風一過の快晴。
この侍のおじちゃんがいる所は、出島です。

江戸の鎖国時代、海外との交流・貿易が制限されるなか、
出島は唯一の外国との窓口であり、
オランダ東インド会社との貿易が行われていました。

とまあ、教科書のような説明をしてしまいましたが、
要するに、鎖国の時代に外国との貿易が許されていた場所で、
そのためにオランダの商官達が住んでいた所です。
この時日本に渡ってきた今ではなじみの遊びや植物、食べ物もたくさんあります。
バドミントンとかシロツメクサとかキャベツ(ひなの好物)とかコーヒーとかね。

私は実は結構な日本史好きなので歴史も興味深くて仕方ないんですが、
日本史好きじゃなくても、建物や細工の細かい調度品は可愛くて素敵でした。

c0200508_2359974.jpg

↑「冬至祭り」と称して、ここでクリスマスを祝っていたとか。


c0200508_0235590.jpg

↑可愛いものがたくさん。壁紙も可愛い。

当時の基礎(残っている)を元にして、まだ再現途上です。
また何年後かに来たら、また少し変わっているかもしれません。
[PR]
by pikopikotamago414 | 2012-09-22 00:27 | てくてく歩き

雨の長崎〜1日目

c0200508_21493120.jpg

雨の長崎、オランダ坂…


長崎に行って来ました。

台風の時に旅行に行くのは初めてであります。
でも早めに羽田空港に着いたおかげで振替便に間に合ったからヨシとしよう。
上の方は揺れるからと低空飛行で進み、長崎空港付近では波も荒れて、
かなり海面近くで揺れるから無事着陸できるか
怖かったのではありますが。

c0200508_21594144.jpg

初日はあまりカメラを構えることもできず、
看板アピールのすごいお店(↑の看板&大量の皿うどんオブジェ・笑)で
美味しいちゃんぽんを食べ(味はホントに美味しい)、
屋内を求めて浦上エリアへ。
きれいになった原爆資料館を訪れました。


c0200508_2314059.jpg

↑浦上天主堂、平和祈念像


今の子供はあんまり学校でやらないから知らないらしいけども、
今こそこういうところに来るべきだなぁと思い、
平和に想いをはせつつも、
一日を雨風にブルブルしながら終えました。


後に聞いた話だとあの後ANAは飛ばなかったらしいし、
朝は長崎市内は冠水がひどかったらしく、
来れただけありがたや、と思う次第でした。
[PR]
by pikopikotamago414 | 2012-09-20 23:14 | てくてく歩き

今年の富士山登山

c0200508_163283.jpg

昨日、いよいよ富士山に行ってきました。
今年も登頂できなかったら…と思うと、
具体的に「いってきます!」とみんなに言えなかったのです。

今年はツアーではなく、個人で行く人に便乗。
富士宮口五合目から山頂を目指すコースで、
朝から登って夕方には下りてくる昼間の登山です。
もう夜は御免だったので、昼はそんなに寒くないようだし、
高山病の危険も少ないかな?と今年は薬を飲みつつも思いました。

そういうわけで、比較的軽装な準備だったのですが、
行きのナビの目的地付近の天気、「悪天候」に相違ない
見事な暴風雨でした。

暴風で呼吸困難。周囲は真っ白。
叩き付ける雨でグローブはグッショリで手は凍えるよう。
晴れていたら、半袖で良いくらい(山頂は別として)なのに、
最初から最後までレインウエア大活躍のかなりの寒さでした。

ともあれ、そんな天気でしたが、今回は登頂に成功しましたよ!

止まると寒いのであまり休憩も挟まず、
でもお腹が空いたら、おにぎりとか熱量のあるものをガッツリ食べ、
八合目以降は高山病のトラウマに囚われつつも、
風の中で飛ばされないように踏ん張るのが大変すぎて、
とにかく夢中で山頂を目指したお陰かも。

そんな訳で、水を取り出すのすら飛ばされそうだったので、
今回は写真はほぼ撮ってません。
山頂も真っ白だったし、さらに寒かったし(軽装だから)。

でも、これだけは貴重だったので撮りました。
左右雪です(上写真)。
雪が残っていることはあるようですが、こんなには見たこと無いと
連れていってくれた人が言ってました。
多分1mはあります。
九合目以降、道にも雪の上に土が被っているところがあったし。
寒いわけだわ。

なかなか貴重なハードな経験でした。
[PR]
by pikopikotamago414 | 2012-07-16 16:36 | てくてく歩き